CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
BlogPet
banners
fieldsystem --------------
ブログ ランキングナビ
EXSEARCH
日常&日記 ランキング
31engine ----------------
ブログ検索エンジン 31Engine
RANKING
 賞金クリックランキング
sitecatcher --------------

SEO Stats ----------------
ページランク
Tagged by Kutsulog
Counter(2006.10.09〜)
MOBILE
qrcode
<< ひさびさの練習 | main | 訃報−宮川泰さん >>
Mちゃん宅訪問
団の練習が終わって、
比較的若いうたごえ仲間の何人かで、
Mちゃんの家におじゃましようということになった。
この計画は、すでに何ヶ月も前から立てられていたのだが、
日程の都合でなかなか実現しなかった。
今日は、Mちゃんがみんなのために、おでんと手巻き寿司を用意してくれているという。
ありがたいことである。

だいすといつものメンバーたちは、今日は運営委員会があるため、
会議が終わり次第、駆けつけるという。
sabiは最近、こういうときはたいていだいすと一緒にいるので、
なんとなく一抹の不安がよぎる。

その不安は、いくつかの場面で的中した。

まず、Bくんの車にわれわれが乗ってMちゃんの家まで行くのに、
普通は20分ぐらい(?)のところが、1時間ぐらいかかってしまった。
だれも正確な道がわからず、ナビゲーションシステムだけを頼りに、
やみくもに進んでいったためである。
(Mちゃんは、準備があるので自分の車でひと足先に帰った。)
sabiは何度かMちゃんの家に行ったことはあるが、
なにしろ極度の方向音痴のため、まったく当てにならない。
異常に混んでいる道や、違う方向へ行く道や、行き止まりの道など、
迷路のようにさまざまな道へ入ってしまった。
いつもは、人間ナビゲーターのだいすがついているから、
絶対このようなことにはならないのである。
やっぱり、だいすがいないとなぁ。

で、それにともなって、Bくんが徐々にパニクりはじめた。
以前の記事にも少しだけ書いたが、
http://sabi-see.jugem.jp/?eid=142
Bくんはアスペルガー症候群のため、車の運転に若干の支障をきたすことがある。
突発的な出来事に対応できなかったり、うまく注意を払えなかったりするのである。
Bくんの中では、「早く着かなければ」という焦りが募っている様子なので、
「ゆっくりでいいよ」「とにかく着ければいいから」などと声をかけたりしたが、
やはり焦りは消えないらしい。
車通りの多い道で、右に曲がって横道に入るという行為すらおぼつかない。
しかも、道を間違えれば方向転換やバックなど、いろいろなことをしなければならない。
すごいスピードでバックしたりする。
かなり怖い。
方向転換のときに、たまたまそこにあった駐車場に車を入れたら、
別の車が、その駐車場から出ようとしている気配。
あわててバックしようとすると、後ろの道はけっこう車も走っており、
あまつさえ、中学生の集団までやってくる。
Bくんはすっかりパニックである。
こんなときもやっぱり、だいすがいたらなぁと思ってしまう。
Bくんのメンタル面もうまくフォローしながら、
適切な指示を出してくれるだろうに。

さて、やっとMちゃんの家の近くまでたどり着けたので、
われわれはおつまみと飲みものを買って、Mちゃん宅へおじゃました。
なんだかんだで、総勢10人くらいのにぎやかな会になってしまった。
(しかもその後、メンバーの入れ替わりもあったりした。)

この場を仕切るのは、
本来は、青年のうたごえのまとめ役であるBくんなのだが、
それもなかなかうまくいかず、HちゃんやKちゃんが上手にフォローしてくれて、
なごやかに会は進んでいった。

で、「だいすがいたら」の話の続き。
sabiは、MちゃんのダンナさんのSzさんと話をしていて、
ひょんなことでSzさんが、
「大学時代、教育実習に行って小学1年生のクラスを担当したんだけど、
(Mちゃんが)その子たちと同い年なんだよね」と、言われた。
まあ確かに、年齢差が15歳ぐらいあるはずだからそういう計算になるわけだが、
そこでsabiはめっちゃ感心してしまって、
「うーん。世が世であれば、犯罪的ですね」
と、言ってしまったのである。
なんとなく、場がしーんとなった(ような気がした)。
ここでsabiをフォローできるような人間は、とりあえずだれもいない。
だいす〜。早く来て〜(泣)

Szさんとゆっくりお話するのは、これで2度目ぐらいなのだが、
(←それなのにあの発言!)
博学だし、経験豊富だし、お酒好きだし、sabi的には非常に楽しかった。

何かの話の流れで(←子どもが産めないという話?)、
sabiが、「いやぁ、実は躁うつ病なんですよ〜」とやや軽いノリで言うと、
Szさんは深刻な面持ちで、
「ああ、それは悪いことを話させてしまったなぁ」と、言われた。

‥‥すごく「普通」の反応だ! と思った。

「普通」というのは、sabiが考える範疇で、ということである。
Szさんは、障害児教育に携わっておられることもあり、
たぶん、そういう方面にも詳しいのだろう。
少なくとも、sabiのまわりでは躁うつ病に関して、
「全くわからない人」か、「うつ病と同じだと思っている人」のどちらかに入る人が、
圧倒的に多いように感じられる。
(ここ数年、前者はほとんど後者に吸収されていってるような気もするが。)

あと、知人の中で、躁うつ病に関する適切なコメントをしてくれたのは、
sabiの大学院時代の先輩、Srさんだけかもしれない。
昨年と今年の年賀状で、sabiに対して書いてくれていた言葉を読んで、
これは、この病気について正しく理解している人の言葉だ、と思った。
かつ、sabiの気持ちを前向きにさせてもくれた。

そんなこんなで、今日は、sabi的には楽しい時間を過ごすことができた。
ただし、えんえんと呑みつづけて、顰蹙を買ってしまったかも。

だいすたちが遅れてやって来ても、結局あまり一緒にはいなかった。
まあ、そういうことも、たまにはあってもいいかもしれない。
といっても、やはりいてくれないのは困るのだが。


日記・ブログ ランキング
| うたごえの仲間と | 23:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
学?零??,超?零????保障,无效退款。回到?的1.5去!去他?的激光手?,?死人了,失?手?比比皆是!!!?老?神奇的瑜伽?助?。找回?力
| 瑜伽治近?包痊愈无效退款 | 2015/10/01 8:01 PM |
我?做翻?我?翻?的最好?然?人?我?是?子但我?不是?子我?做翻?我?翻?的最好
| 翻?找我? | 2015/11/28 5:04 AM |
商?是一?礼貌行?。如?正?理解。
| 奚碧源 | 2016/09/11 7:32 AM |
我?的网?不是网?,那是活?的人。
| ?国?尚?物起? | 2016/10/27 4:36 PM |
青春的价?,只有年老人才能??。
| ?国明星同款首? | 2016/10/27 8:25 PM |
能多提供客?一分?的?物,我??不少下来。
| 最新?版女装批? | 2016/11/28 4:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sabi-see.jugem.jp/trackback/204
トラックバック